2007年03月22日

公認会計士 年収情報

公認会計士年収が気になるあなた! 気になっているのはあなただけではありません。 

 資格で食っていくこの時代において、公認会計士は羨望の資格のひとつであり、公認会計士年収は気になってしかるべきです。 
 実際、「公認会計士 年収」での検索回数は月に5000件にも上ります。 

・・・さて、その公認会計士年収はいくらでしょうか。

 サラリーマンが入社後すぐには多くはもらえないように、公認会計士といえどもはじめの年収は低めです。(といってもふつうのサラリーマンの年収よりは高いですが)

 公認会計士試験を最初に合格後、会計士補となり実務経験を数年積む必要がありますが、その段階の年収平均450万円〜500万円程度(残業を加味すれば、平均年収500万円〜550万円程度)になります。 

 その後、正式に公認会計士登録されると平均年収650万円前後になります。

 さて、大手監査法人を例に挙げると、ここからさらに公認会計士の年収は経験とともに上がっていきます。

 公認会計士歴5年程度で年収900万円まで上がり、さらに中間管理職に就くと1300万円程度といわれています。 

 独立した場合はどうでしょうか。 当然ながら顧客は自分で獲得する必要はありますが、がんばりに比例してさらに年収は上がります。40代にして億単位の年収に届く公認会計士もいますので、夢のある資格といえます。 


 また、公認会計士は転職もしやすい職業といえます。

 どこの企業でも会計は切り離せず、財務のスペシャリストを求めています。それだけに経験豊富な公認会計士を財務部長として募集したり、重要なポストで求人を出すところが多々あり、年収1000万円〜3000万円など高額です。 

 公認会計士の経験が浅いとしても、やはり難関試験だけあって、会計の戦力として高い評価を受けます。
 この場合、600万円〜1000万円年収が多く見受けられます。 

公認会計士 求人」で検索するとわかりますが、財務会計系に特化した求人サイトも多くあります。  公認会計士に対する期待が年収の高さから読み取れますので、一度ご覧になってはいかがでしょう。

以上、公認会計士年収について調べてみましたが、勤務形態によって異なるものの、この自力で生き抜く時代において、まちがいなくサラリーマンより上の年収を安定的に確保できるのが公認会計士であり、またどの企業でも重視される仕事ができるのが公認会計士ではないでしょうか。

 そういう意味でも、超難関ではありますが年収、会社からの必要性をみれば、公認会計士になる価値、意義は大きいでしょう。



posted by 公認会計士 年収しりたがり at 06:13| 公認会計士 年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。